vCalendarコンテンツはvCalendar1.0に準拠しており、「BEGIN:VCALENDAR」「VERSION:1.0」で始まり「END:VCALENDAR」で終わります。iスケジュールの場合は1個以上、通常スケジュール、シンプルメモ、ToDoメモの場合は1個の「BEGIN:VEVENT」~「END:VEVENT」が「BEGIN:VCALENDAR」~「END:VCALENDAR」内に含まれます。
日本語については、文字セットはShift_JIS、エンコード方式はQUOTED-PRINTABLEになります。ただしiアプリ連携プロパティに関してはBASE64になります。
各プロパティは必ず<CR><LF>で終端します。なお、画像プロパティ、シールプロパティ(デコメ絵文字)については、<CR><LF>が2個必要になります。

iスケジュールのデータフォーマットは、iスケジュール固有部と1つ以上のiスケジュール内スケジュール部から構成されます。

構成要素 説明
iスケジュール固有部 iスケジュールの名前、内容の説明、最終更新日時を示す情報より構成されます。
iスケジュール内
スケジュール部
iスケジュール内スケジュールのタイムゾーン、開始日時設定、終了日時設定、詳細、分類、件名、場所、経緯度注意1、測地系注意1、測位レベル注意1、SID、終日設定、iアプリ連携注意1、最終更新日時、データ種別注意2、画像注意2、文字カラー注意2、シール注意2より構成されます。
  • 注意1 メーカオプション
  • 注意2 スケジューラ拡張機能対応プロパティ

iスケジュールのデータフォーマット構成

BEGIN:VCALENDAR<CR><LF>
VERSION:1.0<CR><LF>iスケジュール固有部

 

BEGIN:VEVENT<CR><LF>iスケジュール内スケジュール部END:VEVENT<CR><LF>

 

BEGIN:VEVENT~END:VEVENT

の繰り返し

END:VCALENDAR<CR><LF>

以下にiスケジュール固有部の構成項目についてのデータフォーマットを示します。
各プロパティ・値は「BEGIN:VCALENDAR」から先頭の「BEGIN:VEVENT」の間に記載してください。

項目 プロパティ 設定する値と説明 プロパティ
iスケジュールの名前 X-WR-CALNAME iスケジュールの名前を設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS:」に続き、任意の文字列を設定します(QUOTED-PRINTABLEでエンコードは行わない)。設定可能な文字列数は最大全角25文字(半角50文字)です。
M M
(固定値) X-WR-RELCALID プロパティのみ設定します。 M 設定不可
iスケジュールの説明 X-WR-CALDESC iスケジュールの説明を設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:」に続き、QUOTED-PRINTABLEでエンコードされた任意の文字列を設定します。設定可能な文字列数はエンコード前で最大全角300文字(半角600文字)です。改行コードのエンコード値「=0D=0A」を値の中に設定する事で、端末上の表示において改行を行う事ができます。
M M
最終更新日時 X-DCM-LASTMODIFIED iスケジュールの最新更新日時を設定します。
UTC記述で設定します。
「YYYYMMDDThhmmssZ」の「YYYYMMDD」「hhmm」部分にそれぞれ年月日と時間を設定します。「ss」は固定値で「00」を設定します。
M M

M:必須 -:設定不可

以下にiスケジュールに含まれるiスケジュール内スケジュール部の構成項目についてのデータフォーマットを示します。各プロパティ・値は「BEGIN:VEVENT」~「END:VEVENT」の間に記載してください。1つのiスケジュールに含まれるiスケジュール内スケジュール(「BEGIN:VEVENT」~「END:VEVENT」)の最大数は366個です。

項目 プロパティ 設定する値と説明 プロパティ
タイムゾーン TZ タイムゾーンを設定します。
「+hh:mm」もしくは「-hh:mm」の形で設定します。
00:00の場合は「+00:00」と設定します。
M M
開始日時設定 DTSTART 開始日時設定を設定します。
UTC記述で「YYYYMMDDThhmmssZ」の「YYYYMMDD」「hhmm」部分にそれぞれ年月日と時間を設定します。「ss」は固定値で「00」を設定します。
M M
終了日時設定 DTEND 終了日時設定を設定します。
UTC記述で「YYYYMMDDThhmmssZ」の「YYYYMMDD」「hhmm」部分にそれぞれ年月日と時間を設定します。「ss」は固定値で「00」を設定します。開始日時設定と同じか大きい値を設定してください。
M M
詳細 DESCRIPTION 内容を設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:」に続き、QUOTED-PRINTABLEでエンコードされた任意の文字列を設定します。設定可能な文字列数はエンコード前で最大全角300文字(半角600文字)です。改行コードのエンコード値「=0D=0A」を値の中に設定する事で、端末上の表示において改行を行う事ができます。
M M
分類 CATEGORIES 分類名を設定します。値を設定しない場合は、端末上では分類名「予定」として扱われます。
予定 → 値無し(プロパティのみ)
プライベート → 「PERSONAL」
休日 → 「HOLIDAY」
旅行 → 「TRAVEL」
仕事 → 「BUSINESS」
会議 → 「MEETING」
食事 → 「X-DCM-MEAL」
おでかけ → 「X-DCM-GOOUT」
ドライブ → 「X-DCM-DRIVE」
スポーツ → 「X-DCM-SPORTS」
クラブ・サークル → 「X-DCM-CLUB」
習い事 → 「X-DCM-LESSON」
買い物 → 「X-DCM-SHOPPING」
飲み会 → 「X-DCM-NOMIKAI」
デート → 「X-DCM-DATE」
学校 → 「X-DCM-SCHOOL」
記念日 → 「X-DCM-ANNIVERSARY」
誕生日 → 「X-DCM-BIRTHDAY」
イベント → 「X-DCM-EVENT」
締め切り → 「X-DCM-DEADLINE」
病院 → 「X-DCM-HOSPITAL」注意3
出張 → 「X-DCM-BUSINESSTRIP」注意3
試験 → 「X-DCM-EXAM」注意3
メモ → 「X-DCM-MEMO」注意4
フォトメモ → 「X-DCM-PHOTOGRAPH」注意4
M O
アラーム設定(AALARM) AALARM iスケジュール内スケジュールでは本項目は利用できません。値を設定せずプロパティのみ設定します。 M 設定不可
アラーム設定(DALARM)注意3 DALARM iスケジュール内スケジュールでは本項目は利用できません。値を設定せずプロパティのみ設定します。 M 設定不可
繰り返し設定 RRULE iスケジュール内スケジュールでは本項目は利用できません。値を設定せずプロパティのみ設定します。 M 設定不可
件名 SUMMARY 件名を設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:」に続き、QUOTED-PRINTABLEでエンコードされた任意の文字列を設定します。設定可能な文字列数はエンコード前で最大全角25文字(半角50文字)です。
M M
場所 LOCATION 場所を設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:」に続き、QUOTED-PRINTABLEでエンコードされた任意の文字列を設定します。設定可能な文字列数はエンコード前で最大全角25文字(半角50文字)です。
O O
経緯度注意3 GEO 経緯度を設定します。
DEG形式で設定します。値が負の場合は値の前に-を付加し、正の場合は値をそのまま設定します。小数点7桁まで設定可能です。
O O
測地系注意3 X-DCM-DATUM 測地系を設定します。
世界測地系「wgs84」もしくは日本測地系「tokyo」注意3で設定します。
O O
測位レベル注意3 X-DCM-ACC 測位レベルを1~3の数字で設定します。 O O
SID X-DCM-SID iスケジュール内スケジュールの識別子を設定します。半角数字で始まる任意の64byteの文字列を設定します。使用可能な文字は半角英数字、「@」(半角アットマーク)、「.」(半角ピリオド)となります。 M M
終日設定 X-DCM-ALLDAY 終日設定を設定します。
終日設定ONの場合は「1」を、OFFの場合は値を設定せずプロパティのみ設定します。
M O
iアプリ連携注意3 X-DCM-LAUNCHIAPP 連携起動するiアプリを設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=BASE64:」に続き、BASE64でエンコードされた「リンク文字列」「ADFURL」「アプリケーションパラメータ」を設定します。それぞれの値は「,」(カンマ)で区切ります。
「リンク文字列」「ADFURL」「パラメータ」内に「,」「=」「\」を記述する場合は、それぞれ「\,」「\=」「\\」のように「\」でエスケープ処理をして記述します(アプリケーションパラメータの指定方法としての「=」や、区切りとしての「,」は対象外)。
  • リンク文字列(省略不可):
    「LINKSTRING=」に続き、iアプリを起動するためのリンクとなる任意の文字列を設定します。使用可能な文字列数は最大全角25文字(半角50文字)です。
  • ADFURL(省略不可):
    「ADFURL=」に続き、起動するiアプリのADFURLを設定します。使用可能な文字列数は最大255byteです。
  • アプリケーションパラメータ(省略可):
    NAME=VALUEの形で、起動するiアプリへ渡すパラメータを設定します。複数設定する場合は、「,」(カンマ)で区切り、最大16個まで設定可能です。使用可能な文字列数はNAMEとVALUEの値の合計で最大20480byteです(「=」「,」は含まない)。
例(BASE64エンコード前):
LINKSTRING=\\100ショップアプリ起動, ADFURL=http://www.xxx.com/, NAME1=VALUE1,NAME2=VALUE2,NAME\==VALUE\=
O O
最終更新日時 LAST-MODIFIED 最新更新日時を設定します。
UTC記述で設定します。
「YYYYMMDDThhmmssZ」の「YYYYMMDD」「hhmm」部分にそれぞれ年月日と時間を設定します。「ss」は固定値で「00」を設定します。
M M
データ種別注意4 X-DCM-TYPE スケジューラ拡張機能を設定する場合に、「EVENT」を設定します。 O O
ラベルカラー注意4 X-DCM-INDEXCOLOR iスケジュール内スケジュールでは本項目は利用できません。 設定不可 設定不可
文字カラー注意4 X-DCM-FONTCOLOR 文字カラーを01~20の数字で設定します。
01 → #000000
02 → #ff9a00
03 → #ff6500
04 → #ff3000
05 → #ff0000
06 → #ff0063
07 → #ff309c
08 → #ff659c
09 → #ce30ff
10 → #9c00ce
11 → #636563
12 → #3100ce
13 → #3130ff
14 → #3165ff
15 → #639aff
16 → #009ace
17 → #009a63
18 → #006500
19 → #009a00
20 → #9ccf00
O O
シール注意4 X-DCM-DECOSUKE 絵文字もしくはデコメ絵文字を設定します。
絵文字の場合は、「CHARSET=SHIFT_JIS:」に続き絵文字のShift_JISのバイナリ方式の文字コードを設定します。各絵文字の文字コードについては「ドコモ絵文字」を参照ください。
デコメ絵文字の場合は、「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=BASE64:」に続き、BASE64でエンコードされたデコメ絵文字(20×20dotの再配布可のJPEG/GIF/アニメーションGIF)を設定します。最大容量はエンコード前で10KBです。
次のプロパティとの間に1行改行を挿入する必要があります。
O O
画像注意4 X-DCM-PHOTO JPEGもしくはGIF画像を設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=BASE64:」に続き、BASE64でエンコードされたJPEG/GIFを設定します。設定できる最大容量はエンコード前で200KB未満、画像サイズはVGA(640dot×480dotもしくは480dot×640dot)以下です。
次のプロパティとの間に1行改行を挿入する必要があります。
O O
注意4 X-DCM-WHO iスケジュール内スケジュールでは本項目は利用できません。 設定不可 設定不可
状態
(ToDo)注意4
STATUS iスケジュール内スケジュールでは本項目は利用できません。 設定不可 設定不可
優先順位(ToDo)注意4 PRIORITY iスケジュール内スケジュールでは本項目は利用できません。 設定不可 設定不可
期限(ToDo)注意4 DUE iスケジュール内スケジュールでは本項目は利用できません。 設定不可 設定不可
完了日(ToDo)注意4 COMPLETED iスケジュール内スケジュールでは本項目は利用できません。 設定不可 設定不可

M:必須 O:オプション -:設定不可

  • 注意3 メーカオプション
  • 注意4 スケジューラ拡張機能対応プロパティ

以下に通常スケジュールの構成項目についてのデータフォーマットを示します。各プロパティ・値は「BEGIN:VEVENT」~「END:VEVENT」の間に記載してください。

項目 プロパティ 設定する値と説明 プロパティ
タイムゾーン TZ タイムゾーンを設定します。
「+hh:mm」もしくは「-hh:mm」の形で設定します。
00:00の場合は「+00:00」と設定します。
M M
開始日時設定 DTSTART 開始日時設定を設定します。
UTC記述で「YYYYMMDDThhmmssZ」の「YYYYMMDD」「hhmm」部分にそれぞれ年月日と時間を設定します。「ss」は固定値で「00」を設定します。
M M
終了日時設定 DTEND 終了日時設定を設定します。
UTC記述で「YYYYMMDDThhmmssZ」の「YYYYMMDD」「hhmm」部分にそれぞれ年月日と時間を設定します。「ss」は固定値で「00」を設定します。開始日時設定と同じか大きい値を設定してください。
M M
詳細 DESCRIPTION 内容を設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:」に続き、QUOTED-PRINTABLEでエンコードされた任意の文字列を設定します。設定可能な文字列数はエンコード前で最大全角300文字(半角600文字)です。改行コードのエンコード値「=0D=0A」を値の中に設定する事で、端末上の表示において改行を行う事ができます。
M M
分類 CATEGORIES 分類名を設定します。
値を設定しない場合は、端末上では分類名「予定」として扱われます。
予定 → 値無し(プロパティのみ)
プライベート → 「PERSONAL」
休日 → 「HOLIDAY」
旅行 → 「TRAVEL」
仕事 → 「BUSINESS」
会議 → 「MEETING」
食事 → 「X-DCM-MEAL」
おでかけ → 「X-DCM-GOOUT」
ドライブ → 「X-DCM-DRIVE」
スポーツ → 「X-DCM-SPORTS」
クラブ・サークル → 「X-DCM-CLUB」
習い事 → 「X-DCM-LESSON」
買い物 → 「X-DCM-SHOPPING」
飲み会 → 「X-DCM-NOMIKAI」
デート → 「X-DCM-DATE」
学校 → 「X-DCM-SCHOOL」
記念日 → 「X-DCM-ANNIVERSARY」
誕生日 → 「X-DCM-BIRTHDAY」
イベント → 「X-DCM-EVENT」
締め切り → 「X-DCM-DEADLINE」
病院 → 「X-DCM-HOSPITAL」注意5
出張 → 「X-DCM-BUSINESSTRIP」注意5
試験 → 「X-DCM-EXAM」注意5
メモ → 「X-DCM-MEMO」注意6
フォトメモ → 「X-DCM-PHOTOGRAPH」注意6
M O
アラーム設定(AALARM) AALARM アラームを設定します。
アラームを鳴動させたい時間を「YYYYMMDDThhmmssZ;;;」の「YYYYMMDD」「hhmm」部分にそれぞれ年月日と時間をUTC記述で設定します。「ss」は固定値で「00」を設定します。開始日時設定から最大99分前の日時が設定可能です。注意7
アラーム設定を利用しない場合でも、値を設定せずプロパティのみ設定します。
M O
アラーム設定(DALARM)注意5 DALARM アラームを設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:YYYYMMDDThhmmssZ;;;」に続き、QUOTED-PRINTABLEでエンコードされた任意の文字列を設定します。設定可能な文字列数はエンコード前で最大全角25文字(半角50文字)です。
アラームを鳴動させたい時間を「YYYYMMDDThhmmssZ」の「YYYYMMDD」「hhmm」部分にそれぞれ年月日と時間をUTC記述で設定します。「ss」は固定値で「00」を設定します。開始日時設定から最大99分前の日時が設定可能です。注意7
アラーム設定を利用しない場合でも、値を設定せずプロパティのみ設定します。
M O
繰り返し設定 RRULE 繰り返し設定を設定します。
XAPIA'S CSA 記述を用いて設定します。
設定可能な繰り返し回数は最大99回です。注意8
繰り返し設定を利用しない場合でも、値を設定せずプロパティのみ設定します。
設定可能なbyte数は最大90byteとなります。
M O
件名 SUMMARY 件名を設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:」に続き、QUOTED-PRINTABLEでエンコードされた任意の文字列を設定します。設定可能な文字列数はエンコード前で最大全角25文字(半角50文字)です。
M M
場所 LOCATION 場所を設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:」に続き、QUOTED-PRINTABLEでエンコードされた任意の文字列を設定します。設定可能な文字列数はエンコード前で最大全角25文字(半角50文字)です。
O O
経緯度注意5 GEO 経緯度を設定します。
DEG形式で設定します。値が負の場合は値の前に-を付加し、正の場合は値をそのまま設定します。小数点7桁まで設定可能です。
O O
測地系注意5 X-DCM-DATUM 測地系を設定します。
世界測地系「wgs84」もしくは日本測地系「tokyo」注意5で設定します。
O O
測位レベル注意5 X-DCM-ACC 測位レベルを1~3の数字で設定します。 O O
SID X-DCM-SID 通常スケジュールの識別子を設定します。半角数字で始まる任意の64byteの文字列を設定します。使用可能な文字は半角英数字、「@」(半角アットマーク)、「.」(半角ピリオド)となります。 M M
終日設定 X-DCM-ALLDAY 終日設定を設定します。
終日設定ONの場合は「1」を、OFFの場合は値を設定せずプロパティのみ設定します。
M O
iアプリ連携注意5 X-DCM-LAUNCHIAPP 連携起動するiアプリを設定します。
スケジューラデータからiアプリを起動するためのプロパティです。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=BASE64:」に続き、BASE64でエンコードされた「リンク文字列」「ADFURL」「アプリケーションパラメータ」を設定します。それぞれの値は「,」(カンマ)で区切ります。
「リンク文字列」「ADFURL」「パラメータ」内に「,」「=」「\」を記述する場合は、それぞれ「\,」「\=」「\\」のように「\」でエスケープ処理をして記述します(アプリケーションパラメータの指定方法としての「=」や、区切りとしての「,」は対象外)。
  • リンク文字列(省略不可):
    「LINKSTRING=」に続き、iアプリを起動するためのリンクとなる任意の文字列を設定します。使用可能な文字列数は最大全角25文字(半角50文字)です。
  • ADFURL(省略不可):
    「ADFURL=」に続き、起動するiアプリのADFURLを設定します。使用可能な文字列数は最大255byteです。
  • アプリケーションパラメータ(省略可):
    NAME=VALUEの形で、起動するiアプリへ渡すパラメータを設定します。複数設定する場合は、「,」(カンマ)で区切り、最大16個まで設定可能です。使用可能な文字列数はNAMEとVALUEの値の合計で最大20480byteです(「=」「,」は含まない)。
例(BASE64エンコード前):
LINKSTRING=\\100ショップアプリ起動, ADFURL=http://www.xxx.com/, NAME1=VALUE1,NAME2=VALUE2,NAME\==VALUE\=
O O
最終更新日時 LAST-MODIFIED 通常スケジュールでは本項目は利用できません。値を設定せずプロパティのみ設定します。 M 設定不可
データ種別注意6 X-DCM-TYPE スケジューラ拡張機能を設定する場合に設定します。
下記表に従って、開始日時設定/ToDo系プロパティの有無によりvCalendarコンテンツの種類を決定し、種類に応じた値を設定します。
データ種別の表画像
スケジュール(ToDoなし) → 「EVENT」
スケジュール(ToDoあり) → 「TODOEVENT」
シンプルメモ → 「NOTE」
ToDoメモ → 「TODO」
O O
ラベルカラー注意6 X-DCM-INDEXCOLOR ラベルカラーを01~25の数字で設定します。
01 → #3996e7
02 → #bd8ef7
03 → #ff9e18
04 → #52aee7
05 → #52bee7
06 → #ff184a
07 → #f769c6
08 → #42c76b
09 → #39cfb5
10 → #21aa63
11 → #c6db31
12 → #e7df52
13 → #e73010
14 → #ff8210
15 → #ff4d94
16 → #5ab621
17 → #efaae7
18 → #f796de
19 → #e74d10
20 → #c62418
21 → #dea2f7
22 → #52cbde
23 → #8ccb29
24 → #ffb208
25 → #a5d742
O O
文字カラー注意6 X-DCM-FONTCOLOR 文字カラーを01~20の数字で設定します。
01 → #000000
02 → #ff9a00
03 → #ff6500
04 → #ff3000
05 → #ff0000
06 → #ff0063
07 → #ff309c
08 → #ff659c
09 → #ce30ff
10 → #9c00ce
11 → #636563
12 → #3100ce
13 → #3130ff
14 → #3165ff
15 → #639aff
16 → #009ace
17 → #009a63
18 → #006500
19 → #009a00
20 → #9ccf00
O O
シール注意6 X-DCM-DECOSUKE 絵文字もしくはデコメ絵文字を設定します。
絵文字の場合は、「CHARSET=SHIFT_JIS:」に続き絵文字のShift_JISのバイナリ方式の文字コードを設定します。各絵文字の文字コードについては「ドコモ絵文字」を参照ください。
デコメ絵文字の場合は、「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=BASE64:」に続き、BASE64でエンコードされたデコメ絵文字(20×20dotの再配布可のJPEG/GIF/アニメーションGIF)を設定します。最大容量はエンコード前で10KBです。
次のプロパティとの間に1行改行を挿入する必要があります。
O O
画像注意6 X-DCM-PHOTO JPEGもしくはGIF画像を設定します。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=BASE64:」に続き、BASE64でエンコードされたJPEG/GIFを設定します。設定できる最大容量はエンコード前で200KB未満、画像サイズはVGA(640dot×480dotもしくは480dot×640dot)以下です。
次のプロパティとの間に1行改行を挿入する必要があります。
O O
注意6 X-DCM-WHO 予定に関連する人物の名前やメールアドレス、電話番号を設定します。最大30件(プロパティと値のセット)の設定可能です。
「CHARSET=SHIFT_JIS;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:」に続き、QUOTED-PRINTABLEでエンコードされた任意の文字列を設定します。設定可能な文字列数はエンコード前で最大全角25文字(半角50文字)です。
なお、本プロパティを1件以上設定する場合、30件に満たない分についても、値を設定せずプロパティのみ設定する必要があります。
設定不可 設定不可
状態(ToDo)注意6 STATUS 予定の状態を設定します。
未完了 → 「X-DCM-INCOMPLETED」
予定 → 「NEEDSACTION」
承諾 → 「ACCEPTED」
依頼 → 「SENT」
暫定 → 「TENTATIVE」
確認 → 「CONFIRMED」
拒否 → 「DECLINED」
完了 → 「COMPLETED」
代理 → 「DELEGATED」
設定不可 設定不可
優先順位(ToDo)注意6 PRIORITY 予定の優先順位を設定します。
優先順位なし → 「00」
優先順位高 → 「01」
優先順位低 → 「02」
設定不可 設定不可
期限(ToDo)注意6 DUE 予定の期限を設定します。
UTC記述で設定します。「YYYYMMDDThhmmssZ」の「YYYYMMDD」「hhmm」部分にそれぞれ年月日と時間を設定します。「ss」は固定値で「00」を設定します。
設定不可 設定不可
完了日(ToDo)注意6 COMPLETED 予定の完了日を設定します。
状態(ToDo)の値が完了「COMPLETED」の時のみ設定可能です。
UTC記述で設定します。「YYYYMMDDThhmmssZ」の「YYYYMMDD」「hhmm」部分にそれぞれ年月日と時間を設定します。「ss」は固定値で「00」を設定します。
設定不可 設定不可

M:必須 O:オプション -:設定不可

  • 注意5 メーカオプション
  • 注意6 スケジューラ拡張機能対応プロパティ
  • 注意7 100以上前の時間を指定できる機種もありますが、非対応機種に送った場合、アラーム設定はOFFになります。
    終日設定ONでアラームを設定した場合は、アラームの鳴動開始時間は終日予定開始日の0時0分となります。
  • 注意8 繰り返し回数指定に対応しない機種もあります。
  iスケジュール 通常スケジュール シンプルメモ ToDoメモ
  ToDoなし ToDoあり
iスケジュールの名前 対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応
iスケジュールID 対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応
iスケジュールの説明 対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応
最終更新日時
(iスケジュール)
対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応
タイムゾーン 対応 対応 対応 対応 対応 対応
開始日時設定 対応 対応 対応 対応 非対応 非対応
終了日時設定 対応 対応 対応 対応 非対応 非対応
詳細 対応 対応 対応 対応 対応 対応
分類 対応 対応 対応 対応 対応 対応
アラーム設定(AALARM) 非対応 対応 対応 対応 対応 対応
アラーム設定(DALARM) 非対応 対応 対応 対応 対応 対応
繰り返し設定 非対応 対応 対応 対応 対応 対応
件名 対応 対応 対応 対応 対応 対応
場所 対応 対応 対応 対応 対応 対応
経緯度 対応 対応 対応 対応 対応 対応
測地系 対応 対応 対応 対応 対応 対応
測位レベル 対応 対応 対応 対応 対応 対応
SID 対応 対応 対応 対応 対応 対応
終日設定 対応 対応 対応 対応 対応 対応
iアプリ連携 対応 対応 対応 対応 対応 対応
最終更新日時 対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応
データ種別 対応 非対応 対応 対応 対応 対応
ラベルカラー 非対応 非対応 対応 対応 対応 対応
文字カラー 対応 非対応 対応 対応 対応 対応
シール 対応 非対応 対応 対応 対応 対応
画像 対応 非対応 対応 対応 対応 対応
非対応 非対応 対応 対応 対応 対応
状態(ToDo) 非対応 非対応 非対応 対応 非対応 対応
優先順位(ToDo) 非対応 非対応 非対応 対応 非対応 対応
期限(ToDo) 非対応 非対応 非対応 対応 非対応 対応
完了日(ToDo) 非対応 非対応 非対応 対応 非対応 対応

対応:iコンシェル対応機種全て対応 対応:スケジューラ拡張機能対応機種のみ対応 非対応:非対応

このページのトップへ