Green Action Plan 2030

新たなGreen Action Planはこちらをご確認お願いします。

Green Action Plan

ドコモでは、みなさまとともに創りあげていく、よりよい地球の未来のために、ドコモグループがめざす姿を掲げた「ドコモグループ環境宣言」と2030年に向けた環境目標「Green Action Plan 2030」を制定しました。
これらはドコモグループの「CSR方針」とドコモグループの地球環境保護に関する基本理念、基本方針を示した「ドコモグループ地球環境憲章」に基づいて策定しています。

CSR方針


Green Action Plan 2030

めざす3つの未来の姿に向けて、ドコモの「CSR方針」である「Innovative docomo」「Responsible docomo」に基づき、2030年に向けた環境目標「Green Action Plan 2030」を制定しました。
ドコモのサービスと技術で社会の低炭素化と気候変動リスク最小化に貢献するアクションを「Green Actions of Innovative docomo」、環境負荷を低減する責任を果たし、企業市民として環境貢献活動に積極的に参加するアクションを「Green Actions of Responsible docomo」としました。

Green Actions of Innovative docomo

ドコモのサービスで社会の低炭素化と気候変動リスクの最小化に貢献します。

  • 社会のCO2削減貢献量:4,000万t以上
  • 気候変動への適応へ貢献するため、あらゆる取組みを推進します。
    またステークホルダーのみなさまと協働した取組みにも努めます。
Green Actions of Innovative docomo
定量目標:社会のCO2削減貢献量4,000万トン以上。定性目標:気候変動への適応へ貢献するため、あらゆる取組みを推進します。またステークホルダーのみなさまと協働した取組みにも努めます。主なアクション:CO2排出量削減に寄与するサービス・技術の開発・提供。気候変動適応に貢献するサービス・技術の開発・提供。

Green Action of Responsible docomo

環境負荷を低減する責任を果たします。企業市民として、環境貢献活動に積極的に参加します。

  • 通信事業の電力効率:10倍以上(2013年度比)
  • 廃棄物の最終処分率:ゼロエミッション達成(1%以下)
  • 生態系を保全するため、あらゆる活動を通じた取組みを推進します。
    またステークホルダーのみなさまと協働した取組みにも努めます。
Green Actions of Responsible docomo
定量目標:通信事業の電力効率、10倍以上(2013年度比)。廃棄物の最終処分率、ゼロエミッション達成(1%以下)。定性目標:生態系を保全するため、あらゆる活動を通じた取組みを推進します。またステークホルダーのみなさまと協働した取組みにも努めます。主なアクション:通信ネットワークの省電力化。3R活動の推進。植林などの生態系保全活動、社員教育推進。

脱炭素社会に向けて

2030年度に向けた温室効果ガス排出削減目標を策定し、SBT(Science Based Targets)イニシアチブ1より認定を取得しています。Scope12およびScope23による温室効果ガス排出削減目標について「1.5℃目標」4を設定し、50%削減に向けて取組んでいます。

2030年目標 Scope1およびScope2 50%削減(2018年度比)
Scope35 14%削減(2019年度比)
  1. 企業の温室効果ガス削減目標が科学的な根拠と整合したものであることを認定する国際的なイニシアチブ。
  2. 自社内での燃料使用による排出。
  3. 自社が購入した電力の発電にかかわる排出。
  4. 産業革命前からの気温上昇を1.5℃に抑えるための科学的根拠に基づいた温室効果ガス排出削減目標。
  5. Scope1、Scope2以外の間接排出(事業者の活動に関連するサプライチェーンでの排出)。

2030年に向けての進め方

Green Action Plan 2030については、年度ごとの実績公表を行うとともに、5年ごとに実績に基づいて、取組み項目および目標値について、必要に応じて改善などを検討する計画としています。

環境目標2030に向けての進め方のイメージ画像:2016年、環境目標2030設定。2021年、2020年実績振り返り改善策検討。2026年、2025年実績振り返り改善策検討。2030年、環境目標。環境目標2030に向けての進め方のイメージ画像:2016年、環境目標2030設定。2021年、2020年実績振り返り改善策検討。2026年、2025年実績振り返り改善策検討。2030年、環境目標。

ドコモの環境取組みについて

このページのトップへ