ブロードバンド無線アクセスにおけるMIMO多重法を用いた2.5Gbit/s超高速パケット信号伝送屋外実験〜5.あとがき

100MHzの周波数帯域幅で、最大スループット2.5Gbit/sを実現するVSF−Spread OFDM無線アクセスを用いる超高速パケット信号伝送実験の技術概要および屋外実験結果について解説し、基地局からの距離が200〜150m程度離れた環境において、50〜80%以上の確率で2.5Gbit/sの超高速パケット伝送を実現できることを示した。

本記事は、テクニカル・ジャーナルVol.14 No.1に、掲載されています。