環境マネジメント

2040年ネットゼロ

ドコモグループは、自社の事業活動での温室効果ガス排出量を2030年までに実質ゼロにする「2030年カーボンニュートラル宣言」を推進していますが、温室効果ガス排出量削減目標の対象をサプライチェーン全体に拡大し、2040年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロとする「2040年ネットゼロ」をめざします。

Green Action Plan

ドコモグループでは、社会全体の持続的な発展と地球環境に貢献するためのアクションを、「Green Action Plan」として定めています。

TCFD提言に基づく情報開示(気候変動への対応)

TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)が2017年6月に報告した最終報告書「気候変動関連財務情報開示タスクフォースによる提言」に対して、ドコモは2019年6月に賛同を表明しました。TCFDの提言を踏まえ、気候変動リスク・機会について適切な情報開示を行っていきます。

環境マネジメントシステム

ドコモグループでは環境保全活動を進めるべく、環境マネジメントシステム(EMS)を構築しています。

ガイドライン

NTTグループが制定したガイドラインをもとに、独自詳細版を作成し、活動を推進しています。

環境データ・地球温暖化対策計画書

環境データ、および地球温暖化対策計画書をご紹介いたします。

環境ラベル/マークについて

エコICTマーク

ドコモでは、さまざまなサービスを提供することで、社会全体のCO2排出削減に貢献しており、「ソリューション環境ラベル」「エコICTマーク」を取得しています。

グリーン購入法対応状況

グリーン購入法が要求する基準へのドコモの対応状況に関する情報を提供します。

グリーン購入法対応状況(PDF形式:656KB)

地球環境保全への貢献へ戻る


  • 別ウインドウで開きます Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウで開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ