平川市で緊急速報「エリアメール」を使った市民参加型実証実験を実施
− 災害・避難情報等を平川市内の携帯電話へ一斉配信 −


2010年2月22日

 青森県平川市(市長:大川 喜代治、以下平川市)、国立大学法人弘前大学(学長:遠藤 正彦、以下弘前大学)および株式会社NTTドコモ 青森支店は、産学官連携による市民参加型実証実験を、2010年2月28日(日曜)に実施いたします。

 現在、平川市では安心・安全な町づくりの一環として弘前大学と共同し、災害発生時等に市民の皆様へ警報避難情報を迅速に伝達する方法を検討しております。今回の実証実験では、ドコモも参加し、その伝達手段の一つとして、対象エリア内の携帯電話※1へ回線混雑の影響を受けずに情報を一斉配信できる、ドコモの緊急速報「エリアメール®」を使って災害・避難情報を配信します。

 当日は、平川市役所から平川市内を対象エリアとする実験配信を行い、受信された市民の皆様へのアンケート調査を行います。緊急速報「エリアメール」に関する産学官連携の市民参加型実証実験は、全国初の試みとなります。

 平川市、弘前大学およびドコモは、本実証実験を始めとする施策を通じ、今後も連携して安心・ 安全な街づくりを目指してまいります。


実験配信日時

2010年2月28日(日曜) 午前11時30分・午後3時(計2回)

配信場所

平川市役所 3階 総務課

対象エリア

青森県平川市内

  • 注意1 ドコモの緊急速報「エリアメール」対応機種(詳しくは「概要」をご参照願います)
  • 注意 「エリアメール」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

緊急速報「エリアメール」(災害・避難情報)の概要

概要

国・地方公共団体が緊急速報「エリアメール」(災害・避難情報)をドコモとご契約いただくことにより、災害・避難情報を、回線混雑の影響を受けずに受信することができます。対象エリア内のお客様は、月額使用料のほか通信料や情報料も含め一切無料でご利用になれます。

緊急速報「エリアメール」(災害・避難情報)の概要イメージ

配信対象エリア

ドコモと緊急速報「エリアメール」配信契約を結んだ国・地方公共団体が管轄する市町村エリア

情報の内容

避難情報など災害時に自治体が発信する住民の安全に関わる情報
※気象庁が配信する「緊急地震速報」とは異なります。それぞれ別々の専用着信音でお知らせします。

対応端末/設定方法(2010年2月22日現在)

緊急速報「エリアメール」は対応携帯電話のみご利用いただけます。

  •  docomo STYLE series™ (L-03A、L-04A、L-02Bを除く)/docomo PRIME series™ (L-01A、L-06Aを除く)/docomo SMART series™ /docomo PRO series™ (SH-04A、SH-07A、SH-03Bのみ対応)およびSH-06A NERV、F-06A、らくらくホン6、らくらくホンベーシックIIをお使いのお客様
    →事前の受信設定をすることなく緊急速報「エリアメール」を受信することができます。
  • 906i / 905i 各シリーズ、706iシリーズ(NM706i・L706ie・SH706ieを除く)、705iシリーズ(N705iμP705iμ・N705i・P705i・SO705iが対応)、PROSOLIDμ、らくらくホンV、らくらくホン プレミアムをお使いのお客様
    →あらかじめ携帯電話の緊急速報「エリアメール」設定から受信設定が必要です。お申込みは不要です。

「エリアメール」設定方法のイメージ

留意点

  • 緊急速報「エリアメール」は日本国内のみで受信することができます。
  • 緊急速報「エリアメール」は受信すると詳細画面が自動的に表示され、その後受信BOXに保存されます。
  • 緊急速報「エリアメール」はメールの受信拒否設定を行っていた場合でも受信可能です。
  • 通話中、iモード®などのパケット通信中およびその他の通信中、ならびに電波状態が悪い場所では緊急速報「エリアメール」を受信することができません。

注意「docomo STYLE series」「docomo PRIME series」「docomo SMART series」「docomo PRO series」「iモード」は株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。

このページのトップへ