FOMA®対応の衛星エントランス付無線基地局車の導入について



2009年10月7日

 株式会社NTTドコモ 四国支社(以下ドコモ四国支社)は、2009年9月30日(水曜)にFOMAの基地局設備を車両に搭載した「衛星エントランス付移動無線基地局車」を追加配備いたしました。

 これは、既に導入済みのmova®対応の移動無線基地局車及びFOMA®対応移動無線基地局車に加えて衛星通信回線設備を搭載した無線基地局車を追加導入するもので、大規模な災害等において既設の基地局が使用不能になった場合、衛星回線を使用して、迅速に通信を確保することが可能となります。

 今回導入した車両には、衛星通信回線用アンテナ、FOMA向け送受信アンテナ、FOMA用無線基地局装置、基地局間の伝送路確保のための無線送受信装置・パラボラアンテナなどを搭載し、被災地での迅速な復旧にあたります。

 主な内容は以下の通りです。

  • 注意「FOMA/フォーマ」「mova/ムーバ」はNTTドコモの登録商標です。

衛星エントランス付移動無線基地局車の概要

1. 運用イメージ

運用イメージ

2. 主な仕様
車両寸法 6m×2.1m×3.4m
重量 7.4t
搭載装置 ■衛星回線用パラボラアンテナ及び衛星通信装置1基
■FOMA端末向け送受信アンテナ6基
■FOMA用無線基地局装置一式
■11GHz無線送受信装置・パラボラアンテナ1対向
■22GHz無線送受信装置・パラボラアンテナ1対向
■基地局アンテナ用伸縮ポール2本

3. 車両外観

車両外観

このページのトップへ