携帯電話の不正取得ならびに不正契約に対する取組みについて


2008年11月26日
平素はNTTドコモのサービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

ドコモは、警察庁、総務省及び社団法人電気通信事業者協会の関連会員各社と相互協力を図り、振り込め詐欺の被害防止対策として、携帯電話回線の不正契約の防止と契約者に向けた振り込め詐欺の注意喚起に取り組んでおりますが、このたび、不正契約防止のさらなる強化策として、本年12月より、相互協力による以下の取組みを行ってまいります。


1. 運転免許証に偽造などの疑いがある場合の警察への情報提供による受付審査強化
携帯電話回線の契約受付時に本人確認書類として提示された運転免許証について、ドコモが必要と判断した場合、当該運転免許証情報を警察に提供いたします。

実施日 2008年12月1日(月曜)より

2. 携帯電話の不正取得防止対策に関する訴求ポスターの掲示
携帯電話契約時の本人確認審査強化と犯罪防止を訴求したポスターを作成し、ドコモショップなどの店舗に掲示し、犯罪の抑止に努めてまいります。

ドコモは、今後も不正契約防止の強化策の導入や振り込め詐欺の注意喚起を行い、携帯電話の不正取得ならび不正契約の撲滅に向けた取組みを積極的に行なってまいります。

<ポスター例>
ポスター例のイメージ

このページのトップへ