瞬速5G瞬速5G

瞬速5G

3つの新周波数帯で「瞬速5G」を実現!

ドコモの「瞬速5G」は、3.7GHzと4.5GHz、そして28GHzという3つの新しい周波数帯域を用いることで、5Gの「高速・大容量」という特徴をフルに発揮できる通信サービスです。

3つの新周波数帯で「瞬速5G」を実現!

※ドコモの5Gは、技術規格上、国内最速(2020年10月時調査)の4.2Gbpsに対応。なお、4.2Gbpsの対応エリア、機種である必要があります。
※5Gは一部エリアで提供、順次拡大予定。

高速・大容量通信の2つのポイント

2020年9月から提供を開始しているミリ波(28GHz)を利用した5Gでは、受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsの通信が可能。ダウンロードはもちろん、アップロードも大幅に高速化。 同時にたくさんのデータを送受信できます。

mmW(ミリ波)を利用した5G通信

2020年12月からは、5G周波数帯のキャリアアグリゲーション(CA)技術によりSub6と呼ばれる4.5GHzと3.7GHzという2つの新周波数を束ねた「Sub6-CA」(最速4.2Gbps)を提供開始しました。

Sub6-CAによる高速化

5G最大通信速度からの推定低減率*2は受信時:9~17%/送信時:17~35%です。
*1 一部エリアに限ります。
*2 4Gにおいては、ご利用者の増加などにより技術規格上の最大通信速度と比較し実効速度が低下しています。 5Gが現在の4Gと同程度に普及した場合、下記のとおり4G と同程度、最大通信速度に対し実効速度が低下すると想定されます。詳しくは「ドコモのホームページ」をご確認ください。
※最大速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。対応エリア機種について詳しくは、「ドコモのホームページ」をご確認ください。