瞬速5G

3つの新周波数帯で
「瞬速5G」を実現!

ドコモの「瞬速5G」は、3.7GHzと4.5GHz、そして28GHzという3つの新しい周波数帯域を用いることで、5Gの「高速・大容量」という特徴をフルに発揮できる通信サービスです。

広帯域な3つの新周波数を利用した
高速・大容量なドコモの5G

周波数の幅
  • ※ドコモの5Gは、技術規格上、国内最速(2020年10月時調査)の4.2Gbpsに対応。なお、4.2Gbpsの対応エリア、機種である必要があります。
  • ※5Gは一部エリアで提供、順次拡大予定。

高速・大容量通信の
2つのポイント

2020年9月から提供を開始しているミリ波(28GHz)を利用した5Gでは、受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsの通信が可能。ダウンロードはもちろん、アップロードも大幅に高速化。 同時にたくさんのデータを送受信できます。

mmW(ミリ波)を利用した
5G通信

ダウンロードもアップロードも高速大容量

  • これまで5Gで用いられていたSub6帯(3.7GHz帯/4.5GHz帯)に加え,mmW(28GHz帯)による5G通信サービスの提供を開始。
  • ドコモ5Gの通信速度がさらに向上し、受信時再医大4.1Gbps/送信時最大480Mbpsの超高速通信がご利用可能。
  • ダウンロードはもちろん、アップロードも大幅に高速化され、高画質動画など大容量データもスピーディーにアップロードできる。
ダウンロードもアップロードも高速大容量

2020年12月からは、5G周波数帯のキャリアアグリゲーション(CA)技術によりSub6と呼ばれる4.5GHzと3.7GHzという2つの新周波数を束ねた「Sub6-CA」(最速4.2Gbps)を提供開始しました。

Sub6-CAによる高速化

2つの5G新周波数を多版得て、
さらに高速な通信を実現

  • 受信時最大4.2Gbpsを実現。
  • O-RAN仕様んい準拠。異なるベンダーの5G基地局装置を相互接続したマルチベンダーでの運用も可能。
2つの5G新周波数を多版得て、さらに高速な通信を実現

5G最大通信速度からの推定低減率*2は受信時:9~17%/送信時:17~35%です。
*1 一部エリアに限ります。
*2 4Gにおいては、ご利用者の増加などにより技術規格上の最大通信速度と比較し実効速度が低下しています。 5Gが現在の4Gと同程度に普及した場合、下記のとおり4G と同程度、最大通信速度に対し実効速度が低下すると想定されます。詳しくは「ドコモのホームページ」をご確認ください。
※最大速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。対応エリア機種について詳しくは、「ドコモのホームページ」をご確認ください。

第三者機関の評価でNo.1を獲得

5Gネットワークにおいてユーザーが体感する平均ダウンロード速度「5G Download Speed」と、5Gユーザーが訪れたすべての場所のうち5Gネットワークに接続できた場所の度合いを示す指標「5G Reach」において、第三者機関の評価でNo.1を獲得しました。

第三者機関の評価でNo.1を獲得

※1 Opensignal社「Mobile Network Experience Report April 2022」にて、5Gに関する項目「5G Video Experience」「5G Game Experience 」 「5G Voice App Experience」「5G Download Speed」 「5G Upload Speed」「5G Availability」 「5G Reach」のうち「5G Download Speed」 「5G Availability」「5G Reach」においてNo.1を獲得いたしました。
出典:Opensignal Awards – Japan: Mobile Network Experience Report April 2022 based on independent analysis of mobile measurements recorded during the period December 1 – February 28, 2022. © 2022 Opensignal Limited.

5Gの料金プランや最新の製品情報

5Gの料金プランや
最新の製品情報

スマホで使える5G・VRサービス

スマホで使える
5G・VRサービス

5Gの通信・エリア

5Gの通信・エリア

法人のお客さま

法人のお客さま