夏のサロマ湖ワッカ原生花園
夏のサロマ湖ワッカ原生花園
7月 july
7

5GとICTでつなぐ
地域の未来

北見市/北海道

About

#01

防災・一次産業の課題解決を
めざした産学連携

近年増大する水害・土砂災害への対策や、人手不足の深刻化が懸念されている一次産業への取組みは、全国的に喫緊の課題です。これらの課題解決を目的として、国立大学法人北見工業大学とドコモは、2019年12月に「5Gを活用した防災・一次産業における研究力強化」に関する連携協定を締結しました。北見市内の屋外実験フィールドを5Gエリア化し、災害を想定した河川氾濫モニタリングや橋梁劣化分析、トラクターの自動操舵など、大規模な実験を実施しました。

#02

スマート農業技術の開発・実証へ

連携協定にて取組んだトラクター自動操舵システムの社会実装を進めるためには、実験フィールドに留まらず実際の圃場で検証を行うこと、そして中山間地が7割を占め、傾斜地が多い日本の農地の特性上、傾斜地でも平地と同様に運用が可能か検証を行うことが必要です。
上記2点の実証を目的として、2021年度、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構が事業主体として取組む「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」に応募、採択され、有限会社木樋桃源ファーム、有限会社矢作農場、津別町農業協同組合を加えた 5者で共同事業体を設立し、2021 年6月7日から、ICT 技術を活用した実証験を開始しました。

Solution

#01

スマート農業のための
5G・ICT活用

トラクターに設置したカメラが、走行中に撮影した圃場の画像データを5Gで伝送、AIによる画像認識で作物と雑草を区別することで、作物を踏まないトラクターの自動操舵を実現、除草作業の省力化を図ります。
また併せて、ドローンおよびトラクター搭載カメラを用いた病害発生箇所の特定による農薬コスト削減や、振動センサ付デバイスを鳥獣害対策用罠に設置することによる見回り稼働削減に取組むことで、中山間地域の農業所得向上をめざします。

#02

協創のカタチ

#03

SDGsへの取組み

生きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう