セキュアフライトマネジメントクラウド

「セキュアフライトマネジメントクラウド」とは 「セキュアフライトマネジメントクラウド」とは

「セキュアフライトマネジメントクラウド」とは

株式会社ACSL(以下、ACSL)が開発したドローン機体「SOTEN(蒼天)」向けの高セキュリティなクラウドサービスです。本クラウドと機体が一体となり、あんしん・安全なドローン運用を可能にします。本クラウドでは、機体・パイロットの管理、フライト計画の作成、飛行データの保管・管理など、ドローン運用に役立つ機能を提供します。

「セキュアフライトマネジメントクラウド」とは

POINTサービスのポイント

  • 撮影データのセキュアな取扱い

本クラウドサービスとの連携を前提として、撮影データ(動画・静止画)は以下のように暗号化して取り扱われます。
① 撮影データは撮影後ドローン内部で即座に暗号化されます。
② 撮影データはそのままメディアに暗号化された状態で記録・保存されます。
③ 各データを閲覧・複製するためには、本クラウドサービス上にアップロードした後に暗号化を解除することが必要です。
この仕組みにより、万が一機体を紛失したり、機体に不正にアクセスされた場合でも、データ漏洩の心配がありません。

  • フライトログの保存

機体とともに提供される制御用アプリから、簡単な操作でフライトログを本クラウドサービスに転送することで、運用記録として重要な証跡の保存を効果的に実現します。

  • ドローン運用に関する情報の一元管理

撮影データ、フライトログにとどまらず、ドローン機体、パイロット、フライト計画などの情報を一括管理して散逸・重複を防ぎ、データの紛失や漏洩といったセキュリティリスクを防ぐことが可能です。また、本クラウドサービスの管理画面にはWebブラウザからセキュアにアクセスでき、簡易に作成・閲覧・編集できるため、運用コスト軽減が可能です。

提供機能のご紹介

フライト管理機能

フライト前に、機材やパイロットのアサインなどをフライトプランとして登録することで、フライト計画の作成・管理が可能です。フライト後は、取得したログや撮影した動画・静止画をアップロードし、フライト実績として保存することで、フライト実績の管理が可能となり、いつでも過去実績を参照することができます。

フライト管理機能

機材管理機能

ドローンの機材情報を管理できます。ドローン機体ごとに、いつ、どのフライトで使用されたかや、累計で何時間飛行したかなども確認できるため、機材のメンテナンスに役立てることができます。

機材管理機能

メンバー管理機能

メンバー情報を管理できます。保有資格情報を入力できるほか、実際にドローンの操縦を行った時間が目的別に記録されるようになっているため、パイロットの習熟度などが把握しやすくなっています。
また、より大規模な運用向けのオプショナルプランを追加でご契約いただくと、組織内の複数メンバーを登録・管理することが可能になります。

ユーザー管理機能

組織情報管理機能

登録されている自組織の名称と所在、クラウドの利用可能なストレージ容量、パイロットやドローン機体の登録数や、購入・適用済のプラン一覧が確認できます。

組織情報管理機能

関連リンク

「SOTEN(蒼天)」は、国内ドローンメーカーである株式会社ACSLが開発を手掛けたドローンです。

別ウインドウが開きますACSL社「SOTEN(蒼天)」

すでにドローンの機体をお持ちの方で、クラウドサービスのみの利用をご希望の方は、ドコモのドローン事業ブランドであるdocomo skyにて提供している、docomo sky Cloudをご検討ください。

docomo sky

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター

受付時間:平日午前9時~午後6時(土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 海外からはご利用になれません。


  • 本クラウドサービスへ接続する際に発生する通信料は、お客さまのご負担となります。
このページのトップへ